MOBILE 携帯サイト 下記QRコードから
アクセスしてください
http://lib-arts.hc.keio.ac.jp/sp
SEARCH 検索ワード
LINKS 関連リンク 慶応義塾 慶応義塾大学 日吉キャンパス
SPONSOR スポンサー 極東証券 株式会社白寿生科学研究所 株式会社コーエーテクモホールディングス 慶応義塾大学出版会
所員専用ページ
NEW icon
19/05/28 開催
教養研究センター主催読書会「晴読雨読」第5回 丸山眞男『日本政治思想史研究』を読む
片山杜秀君(法学部教授・教養研究センター副所長)と一緒に、 丸山眞男『日本政治思想史研究』を通読します。 第5回では、第2章の第4節を読む予定です。 関連事項、本の周辺については、レジュメやコピーを配布し補います。 ■課題図書:丸山眞男『日本政治思想史研究』(東京大学出版会)
Facebook Twitter
NEW icon
19/04/16〜19/06/25 開催
教養研究センター基盤研究 文理融合プロジェクト 医学史と生命科学論
医学・医療と生命科学 その周りにある人文社会科学 文系と理系を連接する試み
Facebook Twitter
NEW icon
19/06/08〜19/06/09 開催
日本ロレンス協会第50回記念大会
Facebook Twitter
NEW icon
19/06/19 開催
研究と交流の場「研究の現場から」第二十五弾 ※教職員対象
「研究の現場から」は研究者交流サロンとして、教員の研究分野を紹介し、和やかな雰囲気 で懇話する企画です。軽食をとりながら、学部や分野を越えての交流も深められます。
Facebook Twitter
終了しました icon
19/05/17 開催
教養研究センター主催読書会「晴読雨読」 ハンナ・アレント『人間の条件』を読む 第9回
アレントの政治哲学の名著を西尾宇広先生(商学部)とともに 読んでいきます。昨年から始まった読書会ですが、今回からの参加 でもまったく問題ありません。学生も教員も対等に語り合う読書会です。 初めての方もそうでない方も、気楽にお立ち寄り下さい!(事前予約不要) 【課題図書】 ハンナ・アレント著(志水速雄訳) 『人間の条件』ちくま学芸文庫、1994年 ※今回は第五章の28~30を読みます。
Facebook Twitter
終了しました icon
19/05/08 開催
2019年度情報の教養学第2回講演会 インテリジェンスにおける教養の意味
インテリジェンスとは、国家が生き残るために必要な情報のことです。ただし、イン テリジェンスの技法は、ビジネス、学術、生活においても応用可能です。インテリジェ ンスと大学の学知をどう結合するかについて私の考えを述べます。
Facebook Twitter
終了しました icon
19/04/24 開催
2019年度情報の教養学第1回講演会 サークルの、講義の、研究活動の、そして情報社会で生き抜くための、 100万人の「肖像権」90分講座 どこまで出せる?どこからNG?
情報社会の進展で万人が「発信者であり利用者」となった現在、その基幹 ルールとも言える2大権利が「著作権」と「肖像権・個人情報」です。 今回は、制定法もなく「どこからが侵害か」の基準があいまいで、しばしば 頭を悩ませる肖像権の「現場で使えるルール」を、90分で考えます。
Facebook Twitter
終了しました icon
19/04/19 開催
教養研究センター主催読書会「晴読雨読」 ハンナ・アレント『人間の条件』を読む 第8回
アレントの政治哲学の名著を西尾宇広先生(商学部)とともに 読んでいきます。昨年から始まった読書会ですが、今回からの参加 でもまったく問題ありません。学生も教員も対等に語り合う読書会です。 初めての方もそうでない方も、気楽にお立ち寄り下さい!(事前予約不要) 【課題図書】 ハンナ・アレント著(志水速雄訳) 『人間の条件』ちくま学芸文庫、1994年 ※今回は第四章の24~27を読みます。
Facebook Twitter
終了しました icon
19/04/23 開催
教養研究センター主催読書会「晴読雨読」第4回 丸山眞男『日本政治思想史研究』を読む
片山杜秀君(法学部教授・教養研究センター副所長)と一緒に、 丸山眞男『日本政治思想史研究』を通読します。 第3回では、第2章の第1節から第4節を読む予定です。 関連事項、本の周辺については、レジュメやコピーを配布し補います。 ■課題図書:丸山眞男『日本政治思想史研究』(東京大学出版会)
Facebook Twitter
NEW
 
羽田功教授の最終講義(動画)を掲載しました。
2018年度末をもってご退職された羽田功教授の最終講義(動画)です。
Facebook Twitter
終了しました icon
19/04/04 開催
2019年度教養研究センター設置科目 全体ガイダンス 
大学では「自ら考え、確かめ、表現すること」が求められます。これは学問の出発点であると同時に、 長い人生を支える「教養」という知的体力の基盤を形成する営みでもあります。教養研究センターでは、 学生諸君が様々な価値観に触れることによって自分の関心を広げ、進むべき方向を見定めるきっかけと なるような学びの場を提供しています。よりよい大学生活を送るために、学生同士、学生と教員、さらに 教員同士が切磋琢磨する知の現場に、ぜひとも学生の皆さんも足を踏み入れてください。 ・アカデミック・スキルズⅠⅡ ・身体知 ―創造的コミュニケーションと言語力― ・生命の教養学 ・身体知・音楽ⅠⅡ ・日吉学 ※履修希望者は必ず全体ガイダンスに出席してください。(日吉学は4月4日もしくは4月9日に出席して下さい)
Facebook Twitter
終了しました icon
19/02/06 開催
極東証券寄附講座 アカデミック・スキルズ プレゼンテーションコンペティション
学生が一年間培ってきた「知の探求力」を遺憾なく発揮します。 発表者:2018年度「アカデミック・スキルズ」クラスⅠⅡ代表者
Facebook Twitter
終了しました icon
19/03/14 開催
教養研究センター主催読書会「晴読雨読」 丸山眞男『日本政治思想史研究』を読む
片山杜秀君(法学部教授・教養研究センター副所長)と一緒に、 丸山眞男『日本政治思想史研究』を通読します。 第3回では、第1章の第四節と第五節を読む予定です。 関連事項、本の周辺については、レジュメやコピーを配布し補います。 ■課題図書:丸山眞男『日本政治思想史研究』(東京大学出版会)
Facebook Twitter
終了しました icon
19/02/01 開催
羽田功教授最終講義 異端の教養学
羽田功教授は、1981年経済学部助手に就任されて以来、経済学部日吉主任、 日吉メディアセンター所長、慶應義塾高等学校校長、体育会ボクシング部部長 を歴任され、専門とするユダヤ研究に加えて、特に日吉キャンパスの研究・教育の 発展に尽力されました。 とりわけ、1991年の大学設置基準の大綱化という大波の中で、日吉の教養教育に ついての議論をまとめ上げ、2002年の教養研究センター開所にあたっては、初代所長と して私たちを導いてくださいました。2019年3月の定年退職を前にして、教養研究センター は、主催事業として「羽田功教授最終講義」を実施いたします。羽田教授のお話に興味の ある方なら、教職員、学生、一般を問わず、どなたも聴講できます。是非、ご参加ください。                          教養研究センター所長 小菅 隼人 羽田功教授最終講義発起人 不破有理、横山千晶、小菅隼人、片山杜秀、高橋宣也、荒金直人
Facebook Twitter
終了しました icon
19/01/31 開催
教養研究センター主催読書会「晴読雨読」 丸山眞男『日本政治思想史研究』を読む
片山杜秀君(法学部教授・教養研究センター副所長)と一緒に、 丸山眞男『日本政治思想史研究』を通読します。 第2回は、第1章の第3節を読む予定です。 関連事項、本の周辺については、レジュメやコピーを配布し補います。 ■課題図書:丸山眞男『日本政治思想史研究』(東京大学出版会)
Facebook Twitter

Page Top