生命の教養学

当講座では、あらためて「生きる」という人間・生物の基本的な営みについて考え直すために、生命科学、生命倫理、生命システム論、生命主義から身体芸術にいたる多様な領域で「生きること」「生命」問題に関わる研究や表現活動を展開されている講師陣を迎えて、困難な思考状況を生きる若い受講者を刺激し、活性化します。
「生きること」「生命」にまつわる多彩な知の形に触れることで、受講者が自主的、独創的に、理系・文系を問わない領域横断的な「ものの観方」を獲得することを目的としています。

平成30年度


メインテーマ: 組織としての生命
開催期間: 平成30年度:2018年4月10日(火)~7月17日(火)の毎週火曜日
担当教員: 荒金直人(慶應義塾大学理工学部准教授)
各回のテーマや担当講師は追って公開予定です。

過去の開催一覧

平成30年度

「組織としての生命」

平成29年度

「感染」

平成28年度

「飼う」

平成27年度

「食べる」

平成26年度

「性」

平成25年度

「新生」

平成24年度

「成長」

平成23年度

「共生」をめぐる理系と文系の対話

平成22年度

「異形」をめぐる理系と文系の対話

平成21年度

「ゆとり」

平成20年度

生き延びること ー 生死の後へ

平成19年度

誕生と死 ー その間にいる君たちへ

平成18年度

生命を見る・観る・診る

平成17年度

生命と自己 ー 今、“自分”が、“生きている”、とは?

平成16年度

ぼくらはみんな進化する? ー 脳・性・免疫・科学と社会

平成15年度

生命の魅惑と恐怖 ー 生命にまつわる多彩な知をめぐって

関連書籍

 

所員専用ページ