「日吉学」とは

「日吉学」は、自然や歴史の遺産の宝庫である日吉キャンパスを舞台に、
自然・地形・地理・歴史の各分野について学ぶことのできる
全3回の体験型プログラムです。
座学だけでなく、フィールドワーク・グループワークをふんだんに取り入れ、
各分野の専門家からのサポートのもと、多角的な視野と主体的に考える力を
身につけることを目指しています。

日吉キャンパスって実は・・・

日吉キャンパスには広大な森があるのをご存知ですか?
森には1200種を越える虫や鳥や植物が賑やかに暮らしています。
そして、巨大地下壕群をはじめ、アジア太平洋戦争末期にこの地が
帝国海軍の秘密基地だったことを物語る、数々の遺跡があります。
実は、地理や歴史を実践的に学ぶのに適した場所なんですよ。

多彩な講師陣が魅力

慶應義塾の普通部から大学院までの各分野の専門家がプログラムを担当します。
テーマに沿った外部講師の方をお呼びする回もあります。
日吉について、友人の誰よりも詳しくなれるかもしれません。

「体験」を通した学び

専門家による講義だけでなく、実際に触ったり食べたり、
五感をフルに使った学びを重視しています。
ふだんの授業での学びとは一味ちがった気づきがあるはずです。

年の違う友達と一緒に「調査」と「ディスカッション」

募集対象は慶應義塾の中学生から大学院生まで。
年齢の異なる学生・生徒が入り混じってグループワークを行うことで、
多様な発想から刺激を得、異なる意見の調整方法を学ぶことができます。